Fivetran
Homeブログ
論説:最も急成長するクラウド型ELTプロバイダーFivetran

論説:最も急成長するクラウド型ELTプロバイダーFivetran

ガートナーが認める、データインフラ近代化分野の「ベストベンダー」

論説:最も急成長するクラウド型ELTプロバイダーFivetran

Fivetran(ファイブトラン)は、電気のように誰でもいつでも使えるデータアクセスの実現に、10年近くにわたり取り組んできました。データは、日常生活のあらゆる活動の基盤となりつつあるにもかかわらず、
多様化・分散化の進行により、組織による自らのデータへのアクセス・利用には大規模なシステム設計が必要となるケースが大半を占めています。

企業のデータ部門の多くは、かつて企業が自家発電施設を建設・管理していたように、データインフラを自ら構築・保守しています。中には、現在のデータ量を処理するには不十分な旧式の社内システムを使用したり、SaaSアプリケーションにより提供される不完全なデータに頼ったりしている企業もあります。

これらは一昔前の問題であり、まだこの問題を抱えている企業は、失礼ながら時代に乗り遅れてしまっていると言えます。Fivetranは、自動化・クラウドデータプラットフォームを活かし、お客様によるデータの一元管理や分析を、お客様のデータソースの数にかかわらず、驚くほど簡単に実現できます。当社が、最も急成長するクラウドベースのELTベンダーとしてガートナーに認められた理由はそのためです。

クラウド型データ統合分野の「ベストベンダー」

調査会社ガートナーは、「市場シェア分析:データ統合ソフトウェア部門、全世界、2020年」と題された最近の調査レポートで、Fivetranが2019〜2020年の期間に収益を倍増し、「クラウド型データ統合分野で引き続き高い業績を上げている」理由を以下のように説明しています。

「人気のあらゆるSaaS型アプリケーション(Workday、ServiceNow、Merketo、Salesforceなど)および各種データベースシステム(Oracle、SQLサーバ、PostgreSQL、Amazon RDS)からデータを抽出し、
それらをAmazon Redshift、Snowflake、Google BigQueryなどのクラウド型データウェアハウスにデータを格納できるクラウドベースのデータ統合・複製ベンダーとしての知名度を上げられたことが、その主な理由である」

当社がデータ統合分野の「ベストベンダー」になれた理由の一つは、組織が実際に使用している上記の抜粋にあるデータソースおよびデータの移転先を積極的にサポートしている点です。ですがもう一つの大きな理由は、ガートナーの調査レポートにもある通り、当社がデータ統合・分析の大幅な簡素化を実現できる点にあります。お客様がデータ統合について何もご存じなくても、ご希望の移動先に簡単にデータを移動できます。また、分析に必要な準備が整っていなくても、当社によりすべて自動的に処理されます。

成長の原動力としてのデータアクセスの簡素化

当社は、大規模なシステム設計なしに分析技術を近代化できる方法の特定に、数多くの年月と多大な設計努力を費やし取り組んできました。当社のデータコネクタは、すぐに実装できるプレビルト型で、パイプライン保守やデータ正規化を必要としない自動化機能を特徴とします。以下のガートナーの調査レポートの抜粋が示すように、こうした使いやすさは、顧客企業の成長の原動力となってきました。

「完全管理機能や自動修正機能が搭載されたデータパイプラインでのデータ移動や、インフラ管理の簡素化やデータ正規化の自動化などの使いやすさを促す製品機能により、事業部門内での成長が実現してきた」

当社のサービスの最後の決め手は、dbt(データ構築ツール)を活かした標準SQLによる統合・インウェアハウス型トランスフォーメーションです。これにより、バージョン管理・テスト・文書化機能が揃った変換プロセスを、アプリケーション内で直接起動できます。ガートナーの市場シェアレポートは、これこそFivetranのデータ統合を「より完全なサービス」にするもので、「今後のより多くの企業による導入(およびFivetranの増収)を促す」だろうと報告しています。

差別化に欠かせない確実なデータアクセス

Fivetranのミッションは、SaaS型ビジネスツールや自動化・クラウド技術への幅広い構造面の移行にぴったり当てはまります。スピードやアジリティなどの特徴が市場で評価される中、高度なデータ分析技術は、企業の規模や産業分野を問わず急速に差別化の手段となりつつあります。そして、真実の解明に役立つデータへのシンプルかつ確実なアクセスは、世界水準の分析技術の最も基本的な要素です。こうしたビジョンは、当社のこれまでそして今後の成長の原動力となるものです。